唯一無二の介護講師

フリーランス介護講師をしてます小森です‼️介護福祉士の質と権威を上げたい‼️自分にしかできないこと、自分にしか見えない景色についてブログ発信していきます👍「小森敏雄」で検索→ホームページやYouTube!!

介護現場と新型コロナウィルス。名古屋市の現実。

感染ルートの共有が必要なのでは??

 

f:id:tk6816:20200316000851j:image

 

3月15日の中日新聞

 

 

 

〜抜粋〜

 

二つのクラスターのうち、高齢者介護施設のルートは同市南部の複数のデイサービス施設などを介して感染者が急増した。

だが、市は施設名など詳細を公表せず、地域で高齢者を支えるケアマネジャーたちは手探りで感染情報を集めている。

 

 

「手探りで」??

 

結果として濃厚接触者で健康観察対象者の訪問を行なったケースも。

 

感染情報はケアマネ仲間を頼りに情報収集しているとのこと。

 

これはまずいのでは??

 

 

 

【公表を決断した熊本の老健

 

熊本の老健では、感染者のでた施設をいち早く公表した。

 

情報の公表には相当のリスクと損害はあるだろう。

 

しかし、「地域のため」と決断をされた。

 

対応も迅速だったのだと思う。

 

クラスターは発生していない。

 

 

 

名古屋市も動かないと】

 

〜記事抜粋〜

「健康観察の対象者でない人の周囲まで伝えることは原則していない。ただ、実態に合わせて個別で対応していきたい」

と健康部長は話したとのこと。

 

ケアマネ仲間で情報を回覧している現状。

おかしくないかな?

 

全国で2番目の感染者数。

 

原因の一端はこの現状なのではないか??

 

プライバシーはわかる。

 

でもせめて介護事業者には適切な情報提供をしてあげてほしい。。

 

 

 

毎週インスタライブやってます‼️

【インスタライブの副産物😃】

 

f:id:tk6816:20200315071834p:image

 

最近インスタライブを精力的??に行なっている。

 

 

 

当初の目的は マーケティング(小森を知ってもらう) のみ。。

 

ひとりしゃべりとか恥ずかしいし。

そんな見んやろー。

とか後ろ向きな自分もいた。

が、、 やるしかないわ。

 

年明けにやってみたら。。

 

面白い😃😃

 

 

 

【やってみて】

 

◎現場のリアルが聞ける

◎参加者同士のやりとりが面白い

◎自身の感じたことのアウトプットの場になる ◎研修のリハーサル →リアクションを知ることができる

◎noteオンラインスクールの周知

◎一応有益な情報の発信??(酒飲んでるけど)

 

有識者との対談形式】

2人でやったら面白いのでは??

とのことで始めた有識者とのライブ。

 

YKA河合さん @k.1222.k2018

介護講師北村さん @kg_kitamura

プレ介護講師hohoimuraさん @hohoimura

 

◎1人では発信できないことが無限大

◎自身も勉強になる

◎双方のフォロワーに知られる

◎有益な学びが発信できる

 

これからのインスタライブも、業界の有識者、私が皆さんに紹介したい方とコラボします‼️ 半分ゲーム感覚で始めたものが、こんなにも多くのメリットを生むとは。。

 

しばらくは週に1、2回を予定してます!

是非お誘い合わせの上覗いてみてください🙇🏻‍♂️

 

※発言内容が過度に否定的、批判的になるのはお控え願います。承認空間の構築にご協力を‼️

 

 

働く君に贈る25の言葉から学んだこと!介護職にも読んでほしい‼️

【プアなイノベーションより、優れたイミテーションを】佐々木常夫さんの本より

 

f:id:tk6816:20200314090015j:image

 

佐々木常夫さんの本は現役の頃良く読んでいた。

 

 

あの頃は自己啓発本をやたらと買って読んでいた。

 

でも、当時の自分にとっては栄養ドリンクみたいなものだった気がする。

 

その時はモチベーションが上がるだけ。

活かせない。

頭に入ってなかったから。

 

改めて佐々木常夫さんの

「働く君に贈る25の言葉」

を読んでみた。

 

全体的なことはまたどこかでと思うが、ハマったワードを。。

 

 

 

イノベーション(技術革新)

イミテーション(模倣)

 

優れたイミテーションを積み重ねた先に優れたイノベーション、独自のやり方が生まれてくる。

ほんとその通り。。

介護技術も福祉用具もある程度は出尽くした感もあると思っていた。。

でもまだまだ知らないことが多い。

知らないことを勉強し、既存の自分の技術やノウハウに掛け合わせる

→新しいカリキュラムができる といった流れ。掛け算大事。

優秀なイミテーションとアイディアの掛け算‼️ そのためには勉強しなきゃいけないな。

 

上半期のテーマは「福祉用具‼️」

 

 

新型コロナウィルス フリーランス補償金について思うこと。

賛否両論の補償の額について。。

 

f:id:tk6816:20200312161301j:image

 

新型コロナウィルスの休業補償について。。

 

 

〜記事より抜粋〜

対象に加えるのは、業務委託契約などを結んでいるフリーランスで、1日当たり一律4100円を給付する。一律としたのは、所得水準の把握が難しいため。

 

 

蓮舫さんの反応〜

フリーランスへの給付金1日4100円。根拠を聞くと、東京都の最低賃金×4時間。「ふざけるな」と言いたい。

 

Twitterでも非難轟々。。

 

そりゃー。。

 

4100円ではとてもやっていけない。

金額は安い。

 

 

 

しかし自分は。。

 

「くれるんや??」

 

というスタンス。

(一定の条件がどうなるかだが)

 

ないと思ってたから。。

ありがたいと思うことにしよう。。

 

ただ難しいのはわかるが。。

 

「一律4100円」

 

ではしんどい自営業の方はいるのではないか。

 

私の場合、自宅のローンはあるものの、事業的な支払いというものは存在しない。

 

融資等もあるようだが、結局返さなければならないもの。

 

介護でいうと。。

 

これをタイミングに辞めてしまうデイサービスやグループホームが増えていきそうな気がする。

 

そういったところの救済が進むことを願いたいな。

 

 

 

 

介護講師の可能性‼️イノベーションを引き起こしたいな😃

【優れたイミテーションの掛け算がイノベーションを引き起こす‼️】

 

f:id:tk6816:20200312152805j:image

 

 


インスタライブ中。
「最近の印象的な掛け算は??」
みたいな質問を受けた。

多分私のブログを見てくださってる人の質問だと😅

発想の掛け算によって介護もまだまだ可能性がある的なことを言ったからかな。

その時は突発的にいい答えができた自信がなかったので改めて。。

 


【発想の掛け算】

イノベーション(技術革新)を生み出すのは簡単ではない。
 
複数のアイディアをイミテーション(模倣)しながら掛け算をすることで、新しいイノベーションを生み出すことができる。
ホリエモン東レ研究所の佐々木さんも言っていた。


強気な言い方をすれば
フリーランス介護講師」
という働き方がイノベーション👍

それにどんなアイディアを掛け合わせて
「唯一無二」になるか。。

最近はそんなことを考える。。

Instagramを通じて発信を続ける
YouTubeマーケティングをする
ブログを毎日継続
facebookを用いてYouTubeとブログを拡散

この辺の掛け算を2019年は継続してきた。


2020年のキーワードは多分「オンライン」

ここをどう掛け算して新しい発信に繋げるか。

もちろん今までのことを継続しつつ。。

 

頑張ります‼️

 

 

 

介護の仕事を楽しくする方法‼️副業等について。

【大嶋啓介さんの本から学ぶ📘】

 

f:id:tk6816:20200306163647j:image

 

楽しんでいる人はオーラが違う。

 

 

心底その事柄が好きならそうなる。

 

好きなことが仕事になれば言うことない。

 

でも簡単にいかないですよね??

 

今の仕事を好きになるのも理想。

 

でもそれも簡単ではないかもしれない💦

 

【どうしたらオーラが変わるか??】

 

ではどうしたら

「楽しんでいる人」に

「そこまで楽しめない人」が近づけるか??

 

仕事をジブンゴトにすることなのかな??

 

私自身、人に物事を伝えることは好きだし、ジャンル愛はある。

 

1人でやっているから、他人事にできない。

全部自分。

自分がやったらやった分、収入や成果は自分に返ってくる。

サボったらすぐに機会損失。

 

だから楽しい。。

 

介護職の雇われだと本当にそれができないのか??

 

その状況を作れないか⁉️

 

方法はある気がする。

 

※若干話は逸れていきます💦

 

【副業】

 

一つは副業。

なんでもいい。

なんでもできる。

 

例えばこのブログも副業。

3ヶ月で2万円程の収益。

文章を書くことが嫌いじゃないのと、マーケティングに繋がっているから続く。

 

キャリアや興味事を副業にできるチャンスは山程ある。。

 

【成果報酬の交渉】

 

「〇〇を達成したら昇給して欲しい」

「こういうことをしたいから転職したい」

 

等々の交渉ってしたことある??

 

ほとんどの人は本気でしたことがないように思う。

 

ホリエモンの言葉

「月収14万はお前が終わっている」

 

言い過ぎな気もしなくはないが、要は動いてるかどうか。

収入を上げようと努力したかどうか??

 

陰でコツコツ一生懸命も素晴らしい。

 

しかし。。

自分の仕事の成果を体系化、言語化して交渉することは何も悪いことではない。

 

 

【とりあえずのまとめ】

 

副業や成果等の収入を上げる方法は例の一つ。

 

仕事を楽しくやりがいのあるものにするのは、結局「自分」の努力次第なのでは??

 

人のせいや環境のせいにしていると、ジブンゴトで楽しんでいる人との格差は広がっていくのではないだろうか⁉️⁉️

 

どうしたら楽しくなるのか??

やりがいを感じるのか??

ここでいいのか??

 

考えて動くのは自分自身かなと💦

 

大嶋さんの本からだいぶ飛躍してモノをかんがえてしまった。

 

※収入が全てではないですよ😅

ある会社との打ち合わせ。フリーランス介護講師のシビアな側面

介護施設への出張勉強会の打ち合わせで改めて感じたこと。。

 

f:id:tk6816:20200305121622j:image

 

「一回お試しでやってもらって、スタッフの反応が良かったら年間でお願いしたい」

 

初めて勉強会のオーダーもらった会社の社長さんの言葉。

 

ごもっともだなと。。

 

 

 

2020年は14社との年間契約を結ぶことができた。

 

そのうちの5社は、2019年も年間でお邪魔した会社。

あとの会社は単発の研修を気に入ってくださったり、講座で出会った生徒さんからの紹介からだったり。

 

冒頭のような初めてお邪魔するケースが1番神経を使う💦

つまらなかったら呼んでもらえないから☠️

 

そしてこれからの課題。

 

「年間契約でいかに飽きられないか😅」

 

既存のメニューのレベルアップはもちろん、常に新しいことを取り入れて、良質なアウトプットができるように努めないと。。

 

普段は楽しんでやってますが、時々シビアな側面を感じる時もあります💦

 

だから、ボーッとしてられない😅

 

勉強したいな。

コロナ収まらんかな。。

 

 

「殿様商売」な介護事業所は危ない‼️

32歳の頃の自分に言ってあげたい☠️

 

f:id:tk6816:20200213102046j:image

 

大好きなプロレスラー棚橋弘至さんの著書

棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか」

f:id:tk6816:20200130212330j:image

 

「良い時代を経験している人こそプライドを捨てなければダメ。脱・殿様商売」

 

※人気低迷していた頃の新日本プロレスにおいて、意識改革が必要だったというエピソードを語っている。

 

 

 

【殿様商売とは??】デジタル大辞泉より

 

商品知識や客とのかけひきなど、もうけるための努力・工夫に気を使わない商い方を皮肉っていう語。

「あんな殿様商売じゃ、いずれ倒産するよ」

という意味。。

 

 

【現役の頃の自分】

 

私が現役の頃は、黙っていてもお客様(高齢者)もスタッフも来ていた。

 

ショートステイは100%超えで調整必要

・特養の待機は100人以上

・ネームバリューにお客様もスタッフも集まっ

 てきた。

 

この時代にも

「営業に行きなさい」

とは言われていたが、必要性が腹に落ちてないことと、経験のないことに取り組むのが嫌で、あまり行かなかった。

どこか

「良い介護をしてたら自然に集まってくる」

と信じていた。

 

2010年初頭に、近隣に特養が次々にオープンすると、デイサービスのお客様が流れ、ショートステイの方が入社してしまうという流れができ、稼働率は一気に低下した。

 

そこで「営業」せねば!!

となっても、実際に何していいか分からない。

やったことないから。

何をアピールすればお客様は来るのだろう??

こちら本位のマニアックな排泄ケアを語ったところで誰も興味がない。

しばらくの期間この大打撃を克服することは難しく、収益も落ち込んだと思われる。

 

 

 

【この事例を今振り返ると】

 

※あくまで自分のことです。

 

これこそ「殿様商売」「殿様試合」だった☠️

 

どこかサービスに変な自信とプライドがあった。

それだけでお客様呼べると思っていた。

普段から稼働率や社会の流れを考えてなかったから、いざというときに動けない。

 

そんな自分にできた営業

ケアマネさんへの連絡

病院の退院調整の方への連絡

くらい。。。

 

 

【まとめ】

 

私が現役の頃は約6年前。

今の方がより激戦なような気がする。

 

あの頃の自分に言ってあげたい。

・良い介護してても知られてなければないのと

 一緒。

・御利用者や家族のニーズを考えろ。お前の良

 し悪しは聞いていない。

・事業所さんのメリットも考えて動け。

 自分の都合ばっか考えるな。

・ホームページが怪しかったら不審がる人でて

 くるから。

・色んなことを学べ。介護バカではこの先きつ

 いぞ。

 

若かったなー。愚かだったなー。

 

【余談】

決して自虐ではなくて、現役時代の失敗事例を言語化し形にすることは、自分にとって宝物を増やす作業だなと。

 

あの頃の視点では気づかなかった学びが、現在ブログでのアウトプットによって体系化されている。

ブログやってよかったなーと。。

 

 

 

 

コロナウィルスに関するフリーランスへの補償について。。

3月7日のニュースでやっていた問題について。

 

f:id:tk6816:20200307111442j:image

 

国からの補償に関してはフリーランスは対象外とのこと。。

 

 

 

会社員等はあるようだ。

 

1日8,000円程度??

 

フリーランスや自営業に対しては融資という形。

 

つまり、返さなくてはならないお金。。

 

自身の努力ではなんともならないこの事態。

 

正直。。

 

去年起きてたら、現場勤務も視野に入れていたと思う。

 

 

 

【オンラインでのビジネスをどこまで成長させられるか⁉️】

 

幸いなことに、今年の初旬から微々たるものではあるが、ブログの収入を得ている。

 

YouTubeも収益化できるようになった。

 

noteオンラインスクールも3月からスタートしている。

 

とてもまだ生活費を賄えるわけではないが、各々の活動が伸びていけばと思っている。

(そのためには工夫と努力‼️)

 

オンラインでのセミナーの実施も視野に入れている。

 

今までの努力とは種類が違ってきているが、やるしかない。

 

自身の繁忙期が6月からなので、それまでになんとかならんかな。。

 

【介護の皆さんにも言えること】

 

予想以上のコロナショック。

 

いよいよ介護事業所にも影響がでてきている。

 

仕事がなくなることはないかもしれないが、こればかりはわからない。

 

1つのことに特化していることも素晴らしい。

 

しかし、強みはいくつもあってもいいと思う。

 

副業までにしなくても、もし自身が介護以外にできることはなにかな?と普段からイメージしておくこと。

有事が起きなくても自身のプラスになるような気がする。

 

介護業界への影響が最小限であることを心から願うばかり。。

 

 

 

アウトプットを意識したインプットができないとやばいなと💦

新型コロナウィルスの影響を受ける介護講師

 

f:id:tk6816:20200306081429j:image

 

2月末から、仕事のキャンセルが相次ぐ。

 

 

 

まぁ仕方がない。

 

面会禁止で業者も検温。

 

【時間ができた。。勉強しよう。。】

 

しかし。。

 

時間はある。。

 

勉強しようと思えばできる。。

 

でも正直先々週忙しかった時の方がインプットの気迫が違った。

 

何故か?? アウトプットする必要性(講座で伝えること)がないと自分は学べなくなっているなと。。

 

力を蓄えるというより、吐き出し続けて足りないものをまた集めに行くような。。

 

人前で話し、伝わったかどうかのプレッシャーとも戦い、終わった後に反省し、また違う場所でリメイクして話す。

 

このサイクルが途切れると不健康になる😂

ことをこの数日間で実感してます💦

 

 

介護研修や勉強会を現場に活かす方法‼️

【学びが現場で活かせない理由🙏】

 

※出張勉強会編 ※お願いごとも含みます🙇🏻‍♂️🙇🏻‍♂️

 

 

 

出張での施設さん向け勉強会の本数が急増中

 

上司の方からはこんな声が聞こえてきます。

「学んだことが現場で活かせてない😡」

「勉強会で聞いてきただろうに😡」

「理想はわかるけど現場ではさーとか言ってる😡」

 

正直これは受ける側の意識の問題もあるなと、どちらかというと他責の発想でいました。

 

しかし、自分にも問題がある‼️

この理由が最近判明しました‼️

 

それは 「学びと現場を繋ぐコネクター(接続)が不足していること」 だと。。

 

 

 

私が受け持つ資格講座では(初任者、実務者、教員講習会等)理屈はこうだけど現場に置き換えると。。。という話をします。

 

講座終了時にほぼ必ず一言ずつ感想を聞き、学びの体系化と現場への繋ぎをするようにしています。

(受けた方は分かられますよね😄)

 

しかし上記2点は、施設で行う90分間の勉強会ではとてもできないこと。

なので、コネクター(学びと現場の接続)は個人任せになってしまいます。

 

そうなると現場への還元は個人任せになってしまい、多数決のようになってしまう。

それこそ現場での「うねり」はおこせない可能性を考えたりします。。

 

ですので、接続の部分は現場サイドにお願いせざるを得ないのが出張勉強会なのだなと気付きました。遅くなってすみません🙇🏻‍♂️🙇🏻‍♂️🙇🏻‍♂️

 

 

 

【管理者さんへお願い🙏 】

 

必ず学びのフィードバックを行い(アンケートでは不十分)なにを現場で活かすのかを、個人レベルではなく「チーム」で捉えてほしいです‼️

そして個人の意識ではなく「チームの意識」に変えてほしいです‼️

その手間をやらずして部下のせいにしてはいけません🤭 他責→自責‼️‼️

 

【現場リーダーさんへのお願い🙏】

自分が変わるのは当たり前。

スタッフさんが変わることを期待するだけでなく、「チーム単位」で活かせることを意識しながら研修を受けてください‼️

個人が変わることよりも、チームを変えていくのがリーダーさんの役割。

同じ意識で聞いていてはいけません🤭

辛口かもしれませんが、現場を変えたい、何か変化をつけたいと本気で思っている方々を心から応援したいと思っています🙇🏻‍♂️🙇🏻‍♂️