唯一無二の介護講師

岐阜県でフリーランスで介護講師をしてます小森です‼️自分にしかできないこと、自分にしか見えない景色についてブログ発信していきます👍「小森敏雄」で検索→ホームページやYouTube!!

倒産するの⁉️⁉️355件の現実味。。

「施設なくなったでここに就職したんやてー!」

f:id:tk6816:20191107074254j:image

 

 

先日ある会社で研修会を行った際、過去に介護福祉士実務者研修の生徒さんに再会した。私の認識では別の会社で勤めていたはず。。

「なんでいるんすか?」と聞くと、冒頭の発言。。

失業したらしい。。

 

2019年初めには、同年代の友人2人が勤めていたデイサービスも閉鎖になった。

40歳手前で失業。幸い次の仕事先はすぐに決まったそうだが。

 

つまり今年だけで介護職で失業した(離職ではない)のが知り合いだけで3名💦

とんでもない。。

 

先日NHKクローズアップ現代にて、廃止届を提出した住宅型有料老人ホームが355件という数字が取り上げられていた。

これは他人事ではないかもと思っていた。

授業の冒頭でも言っていた。

それがいよいよ身近にやってきた。。

 

 

 

【人事倒産】

現在働いている職場が潰れない保証はどこにもない。

潰れる施設の何割かは、スタッフが集まらずにやむを得ずという「人事倒産」

訪問介護事業所に多いそう。ヘルパーさんの高齢化等。

また、離職率の高い職場も、人事倒産のリスクはある。

 

YouTube講演家鴨頭さんの言葉

「今の若い人は辞める理由はいらない。続ける理由がなくなったら辞めていく」

なるほど。。

 

辞めていく理由→続ける理由がなくなった時。

 

その職場を辞めずに続けられる理由は、お金や休みより、会社や利用者への愛着や、仕事へのやり甲斐の方が大きいのではないかと思う。

働きやすいよりも働き甲斐。

 

どうしたらこの部分をクリアして、淘汰の時代を生き残ることができるのか??

 

引き続き色々な施設の方とお話していく中で、言語化していけたらと思う。。