唯一無二の介護講師

岐阜県でフリーランスで介護講師をしてます小森です‼️自分にしかできないこと、自分にしか見えない景色についてブログ発信していきます👍「小森敏雄」で検索→ホームページやYouTube!!

介護福祉士国家試験 2020年に受からないとヤバい訳☠️☠️

介護福祉士国家試験まであと2ヶ月💦

f:id:tk6816:20191118072745j:image

近年の推移から見る仮説。。

 

介護福祉士国家試験を今回受けられる方。

 

是非今回で合格しておいてほしい‼️

おそらく今回まではチャンスだ‼️

 

その仮説の根拠となるデータ

基準となる合格点は、問題数125問×0.6=75

それに受講生の平均点を加味して、毎年の合格点を決定する。

 

2018年試験 合格点77点 

2019年試験 合格点72点

前回は難しかった様子。

確かに「フランクル」は知らない人だった💦

しかし、合格点が前年比5点も下がった2019年の合格率は。。

 

【過去最高】

 

だった。普通に考えればありえない。

合格点が77点の年よりも合格率が高いなんて。

ケアマネ試験は散々だったはず。。

 

ここから考えられること

「まだ介護福祉士は増やさないと困る」

「過去最低の合格率なんて出したら、更に業界に人は寄り付かなくなる」

そんな思惑が見え隠れする。。

 

最近書かれたこんな記事から、仮説が確信に変わった。

 

【介護のニュースサイトjointより抜粋】

争点として浮上しているのが、専門学校や大学などに通う「養成校ルート」への国家試験の義務化を先送りすることの是非。外国人の留学生が急増している現状を踏まえ、現場の関係者から「延期して欲しい」との強い要望が出ている。

→養成校を卒業したら自動的に資格が付与する形でないと、外国人は試験厳しいよと。

試験義務化にすると外国人残らないよと。 

そんな内容。。

 

介護職を増やし、その中核を担う介護福祉士を増やしたいという今の流れは、2020年の試験まではほぼ間違いなく続くだろう。

 

しかし

 

これがオリンピックが終わったらどうなるかわからない💦

急な不景気やAIによる失業者が介護に流れてくる可能性はゼロではない。

 

2020年1月は「チャンス」である‼️

 

共感いただけたなら

↓↓↓クリックお願い致します🙇🏻‍♂️🙇🏻‍♂️

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村