唯一無二の介護講師

岐阜県でフリーランスで介護講師をしてます小森です‼️自分にしかできないこと、自分にしか見えない景色についてブログ発信していきます👍「小森敏雄」で検索→ホームページやYouTube!!

高齢者像の変化👨🏼‍🦳富士山でぶん殴る👊米寿でもカツ丼食べる!!

赤いリンゴ、富士山、青い山脈??大丈夫⁉️

f:id:tk6816:20191115214124j:image

 

 

介護現場(特にデイサービス??)は、カラオケや音楽鑑賞等、どんな歌を選曲しているだろうか??

高齢者イコール○○といったくくりはもうできないかもというお話。。

 

事例を3つ

 

私が20歳の頃に勤めていた特養の施設長(60歳)の職員会議での訓話。(何故この話になったのかは記憶が曖昧💦)

「もし僕が(施設長が)高齢になりデイサービスに通うことになったら、赤いリンゴを歌わされたり青い山脈の体操をさせたらぶん殴ってやるからな。我々はブルースだぞ。(我々はいい過ぎだと思う💦」

と。。

 

あるデイサービスの午後のひと時に、若いスタッフが音楽をタブレット端末で探してスピーカーで流していた。便利な世の中。

選曲は「軍歌」

あまり反応がなかった様子。。

 

私の祖母春子氏88歳とランチに行くことに。

「婆さん何食べたい?」

「カツ丼がええ!」

やる気を見せてくれました!

しかも普通盛りを8割摂取😅

そしてその後の春子氏

「あんたケンタッキーをあんたの子供に買ったりたいで」と。

「婆さんが食べたいんか??」

→笑ってうなづく。。

f:id:tk6816:20191115141809j:image

 

昔に比べ、物は豊かになり、価値観の多様化も進んだ。もちろん様々な選択肢も増えた。

「個別ケア」を推奨といいながら、対象者の「個」の理解は進んでいるだろうか??

 

多様化が進む中、収集しなければいけない情報や尊重しなければならないこだわりは、以前よりも増しているかもしれない。。

 

「時代の変化」は、介護を受ける対象者にも同様に起こっていることを忘れてはならない。。

共感いただけた方は

↓↓↓よろしくお願い致します🙇🏻‍♂️

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村