唯一無二の介護講師

フリーランス介護講師をしてます小森です‼️介護福祉士の質と権威を上げたい‼️自分にしかできないこと、自分にしか見えない景色についてブログ発信していきます👍「小森敏雄」で検索→ホームページやYouTube!!

介護の情報は自分でとりにいかないと得ることができない💦スマートフォンがあるから言い訳はできない☠️

介護福祉士や介護関係者の中で、実力と意識の格差が大きすぎる理由💦

f:id:tk6816:20191125203656j:image

 

 

 

「ケアプラン有料化見送りの方向」

介護福祉士の取得要件が見直し」

「おむつフィッターが名古屋で開催」

 

一般の方はまず興味のない内容。

業界人はというと。。。

知らない人がほとんどではないか??

 

ワイドショーを賑わす沢尻エリカさん、桜を見る会、GSOMIAを巡るやり取り

テレビをなんとなくつけていれば情報は

手に入る→入ってしまうレベル

事情に詳しくなってしまっている。。

 

しかし、介護業界に関する情報をリアルタイムで得ようとすると、こちらから積極的に取りに行かないと得ることができない。

普通には流れてこない。

高齢者虐待とか高齢者ドライバーの件以外は。

 

研修等の有益な情報も同様。

勝手には流れてこない。

 

ネット社会でなかった時代はもっと酷かった。偉い人が研修にいってそれだけ。

施設のトップが有益な情報をFAX等で手にしても、現場に流さなければ永久に知ることはなかった。

 

ここからが本題。。

ホリエモンも話していたことがある。

今はスマートフォンでなんでも調べられる時代。

だから、情報は待ってては流れてこないが、調べれば手にいれられる時代。

 

介護職はまだ情報を「くれるのを待ってる」人が多い気がする。

「誰かが教えてくれなきゃ知らない」と。。

 

特別養護老人ホーム等、外界との関わりが希薄になりやすい「箱」のサービスでは、その日のことで精一杯だと、「箱の外」に興味を持てなくなるのかも。必要に迫られないから。

 

今は昔とは違い、学ぼうと思えば学べる!

本も充実しているし、ネットで研修の情報はキャッチできる。

正しい情報かを吟味する必要はあるが、ネットにも情報は転がっている。。

 

現役の介護福祉士の意識と実力の格差は、

「待ってる」か

「動いてる」かの違いの気がする。

 

皆さんはどちらですか??

皆さんの組織はどちらですか??

 

共感いただけたら

↓↓クリックお願いします🙇🏻‍♂️

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村