唯一無二の介護講師

岐阜県でフリーランスで介護講師をしてます小森です‼️自分にしかできないこと、自分にしか見えない景色についてブログ発信していきます👍「小森敏雄」で検索→ホームページやYouTube!!

田中マルクス闘莉王「残るのは数字」ビジネスも同様だが介護は??

ビジネスに必要なのは「過程」ではなく「結果」

介護は??ビジネスとは違うのか??

 

f:id:tk6816:20191212113630j:image

 

昨日のサッカー日本代表 

日本対香港

元日本代表DFの田中マルクス闘莉王氏の言葉を見つけてビビっときた⚡️

 

闘莉王

「引退したということですごく考えることがあるんですけど、残るのは数字なんですよ。どれだけのプレーをしたか、どれだけの数字を残したか。やっぱりこういう細かいところでも、どんどん貪欲にやっていかないと上では戦えないです」

 

なるほど。。

ちょっと通じるものがあるな。。

 

特にプロスポーツになれば

勝利という「結果」が全て。

過程が評価されることはない。

 

 

 

結果と過程を分けて考えていたら

「憂鬱でなければ仕事じゃない」

見城徹さんの

「ビジネスは結果が全て」

というワードが浮かんだ。。

(教育は過程大事ね‼️)

 

【ビジネスの世界ではどうか??】

過程よりも圧倒的に結果‼️

結果を出してナンボというところがある。。

 

実は介護講師も一緒。

 

何件営業に回った、メールしたとか関係ない。

仕事に繋がったかどうか。

 

準備に時間をかけて気合をいれたとか関係ない。

つまらなければ次呼ばれない。

 

【介護現場では?】

医療→治るか治らないかの「結果」がでる。

介護→良くなるものでもない。悪化の防止

   を努めるとともに、どういう人生を送れ

   たか。なので「過程」が大事。

というような内容が教科書に書いてある。

至極まっとうな話。。

でもそれは

「分野の話」

であって、介護職の「仕事」には当てはまるのか??

 

【介護職のアウトプットには責任を!】

上記の介護→過程が大事というのは

 

介護職の全力の介護

→御利用者の状態の改善には繋がらないかもし

 れない

→治癒という「結果を求めない」

 という話。

 

結果を求めない→曖昧ではない。

介護福祉士としての仕事(アセスメントや介護記録、介護技術)のアウトプットに関してはしっかりと評価されるべき。

 

アウトプットされる

「接遇」

「身だしなみ」

「コミュニケーション」

「介護技術」

「記録」

の質については、「結果」が求められるのではないか??

それに給料が発生しているのだから!

プロだから!

「頑張っているのに!」が評価されるのは本来どうなのか??

 

「あの子頑張ってるから」

「成長してるから」

といって

「アウトプット」されている内容がおかしいのに注意されないのはどうなのか??

 

介護→答えがない

介護→治癒という経過よりも過程

という、グレーな部分はあってもいいと思う。

 

しかし、仕事に対しての「効果」も「結果」が全て曖昧ではいけないと思う。、

そこには責任を持たないと。

グレーを履き違えてはならない。

 

お金をもらっている以上は「ビジネス」なのだから。。

 

上司もその「評価」をしなければならない

ここも曖昧な気がする。

御利用者さんが言ってくれるならありがたいが、なかなかそうはいかない。

「受け入れてくださってるから」

 

【結論】

介護現場は教育の場ではない。

アウトプットされる「結果」が重要。

もちろん失敗をしながら学んでいくもの。

いい「結果」ばかりではないのも仕方がない。

 

しかし、全てに「答えがないから」といってしまってぼやかすは「思考停止」ではないか??

 

「過程」も「結果」も言語化できてこその

【プロフェッショナル】

そこを目指してほしいと願う🙏🙏

 

そして。。。

 

身だしなみ

口調

挨拶

相手の嫌がることはしない

感情をコントロールする

チームワークを乱さない

 

これら初歩的なアウトプットに責任が持てない人が、介護のグレーさに甘えてたくさんいないか??

 

「介護の常識は社会の非常識」であることも。

 

ビジネス的にいったら

「アウトー👍」

な事象を減らしていきませんか??

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村