唯一無二の介護講師

岐阜県でフリーランスで介護講師をしてます小森です‼️自分にしかできないこと、自分にしか見えない景色についてブログ発信していきます👍「小森敏雄」で検索→ホームページやYouTube!!

人格尊重義務違反。介護施設でこの先明るみになっていく可能性も。

介護保険法の人格尊重義務違反って知ってましたか⁉️

 

f:id:tk6816:20200114185523j:image

 

熊本県のある有料老人ホームが、新規利用者受け入れ停止6ヶ月の行政処分を命じたとの新聞記事が。

 

f:id:tk6816:20200114182847j:image

 

 

 

処分理由は介護保険法の基本理念である「人格尊重義務」への違反行為。

 

具体的には

①安全帯での身体拘束

②医師の指示に反した薬の不投与

③他人の薬の流用

④床擦れの放置

を違反と認定。

 

記事を詳しくみると確かにかなり悪質。

 

しかし、明るみになっていないだけで、こうした施設はどうやら存在しそう。

関わる受講生さんからそんな話を聞くことがある。

 

【今後施設への介入が増えるのは確実】

 

実地指導の書式の簡略化により、都道府県や市町村は、より多くの事業所に実地指導を回る動きがある。

また、介護相談員を派遣して不適切ケアの是正や、経営の安定化等を目指す動きもある。

 

どんどんやるべきだと思う。

 

高齢者虐待についてはこんな記事も

 

f:id:tk6816:20200114184140j:image

 

虐待は個人の問題よりも、知識不足による不適切なケアや、マネジメント力の脆弱さによる生産性の低い体制等が原因であることが多い。

 

多くの専門的な目が入った方がいいと思う。

 

しかし。。

 

 

 

【そのあとどうする??】

上記老人ホームについての今後は分かりかねるが、体力がなければ廃止届だろう。

もし残れるとするならば、どうやって質を担保するのだろう。

人手不足が深刻すぎて起こった事象もあるかもしれないが、ずさんな実態とまで書かれているのであれば、質が劣悪だったのだろう。

 

このように明るみになって淘汰されていくのは悪くはないとも思う反面

 

更にベッドが足りなくなる。

スタッフは職を失う。

御利用者が住処を変えざるを得ない。

 

という事態を招く。。

 

介護相談員の制度が整備され、優秀な相談員が多くの施設を救うことが理想。

でもそう簡単にいくものでもない。

 

介護研修講師としての安定と実績を積んだら

「介護の質を担保するコンサル」

もありかもしれない。

(ちょっとやってるけど)

 

アンテナを張り巡らし、実力を積もう👍👍