唯一無二の介護講師

フリーランス介護講師をしてます小森です‼️介護福祉士の質と権威を上げたい‼️自分にしかできないこと、自分にしか見えない景色についてブログ発信していきます👍「小森敏雄」で検索→ホームページやYouTube!!

紙ベースの方がいいですよ!介護の現場革新を拒むパワーワード😅

介護施設のICT化を阻む経営者マインド☠️

介護福祉士の質を上げるブログ〜

 

f:id:tk6816:20201001094453p:image

 

介護研修講師小森です。

いつもありがとうございます🙇🏻‍♂️

 

 

 

介護現場が待ったなしで取り組むべき課題。

介護保険改定のキーワードで上がっている

「現場革新」

具体的には

ICT(ITや介護ロボットの導入と活用)

IOT(モノとモノをセンサーで紐付ける)

ことによる業務の効率化。。

 

個人的にとっかかりやすく

結果が出やすいのは

 

「記録の電子化」

 

日々の記録

月末請求業務

に活用できれば

 

ペーパレス化が進み

記録を探すことが劇的に楽になる。

複数の紙に転記する手間が省ける。

スマホタブレット端末を用いれば

現場で入力が可能。

 

一旦導入してしまえば

「もう紙には戻れない」

多くの方はそういうと思う。

 

慣れれば大幅な時間短縮と

情報精査の質が上がり

ケアの質の向上につながる。

 

にも関わらず。

 

頑なに導入を拒む

「管理者」

がまだいる様子。

「紙ベースに慣れてるから」

「人相手では電子化無理だよ」

 

いや、成功しているところも多いからね😅

 

 

 

 

現場職員が導入に二の足を踏むのはわかる。

変化を嫌う気持ちもわかる。

導入後のメリットも見えづらいから。

 

 

しかし

管理者

経営者

が頑なに拒んでいては何も変わらない。

 

世の中の流れ

人手不足

ペーパレス化による経費と時間の削減

 

向こう何十年を考えたならば

導入すべきでは??

 

と思う。

 

以前に比べれば

記録端末がタブレットであったり

日々の記録も電子化しているところも多い。

 

日報の電子化もすすめている介護施設もある。

デイサービスの送迎表も。

 

 

 

介護施設のICT導入の助成金

 

f:id:tk6816:20201001092747p:image

 

岐阜県のホームページの画面をスクショ。

 

今年度は締め切られている可能性はあるが💦

 

次回介護保険改定にもなんらか関連する可能性もある。

自治体での助成金

国の助成金

来年度も予算計上される可能性もある。

 

今年度残り半年で動くのか?

次年度の助成金等を活用するか?

 

タイミングはそれぞれかもしれないが。

 

「紙ベースに慣れてるから」

「人相手では電子化無理だよ」

 

という思考停止はまずい。

 

この先の淘汰対象となる。

 

 

【最後に】

 

そして介護施設のスタッフの皆さん。

頑なで無駄な抵抗はやめよう。

 

今後多くの介護施設

記録の電子化

その他ICT化による効率化

が進んでいく。

 

「紙ベースでなくなるなら辞めます」

なんて言ってたら

どこでも働けなくなる。

 

「現場革新」

変化に違和感はつきものだが

是非踏み込んで欲しいと願っている。

 

 

 

※最後まで読んでくださりありがとうございます🙇🏻‍♂️🙇🏻‍♂️

◎ベテラン介護福祉士
◎新人介護職
介護施設への転職を考える方

介護に携わる全ての方々を尊敬すると共に、応援しています‼️